キャッシングとは

「キャッシング」とはお金を借りることを意味していますが、一般的にはカードを使ってATMで現金を借りることです。
キャッシング専用のカードやクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使うことができます。
金額は消費者金融や銀行によって様々ですが、少額から申し込むことができ、最高で500万円ほどまで可能な場合もあります。
クレジットカードに付帯されている金額は数十万円程度で比較的少額です。

一般的にキャッシングは手続きが簡単で、担保や保証人などは必要ありません。
身分証明書などで本人確認できればカードを作成できますし、すぐに融資してもらえます。

最近ではインターネットで申し込みをすると当日融資額が振り込まれることもあり、大変便利です。
クレジットカードは商品購入の場合に購入代金を支払うことができますが、クレジット機能では現金を引き出すことができないため、カード作成の際にキャッシングをつけるか選ぶことができます。
ただし、学生や未成年の場合付帯できないこともあります。

キャッシングの返済は原則一括返済で、借り入れした翌月に利息を含めて返済しますが、リボ払い等ができることもあります。
カードローンはキャッシングと似ていますが、返済方法が異なり、借り入れた金額とその利息分を分割して返済します。
しかし、最近では利用者のニーズに応えるため、返済方法が多様になっているため実際は違いがなくなってきているのが現状です。

Copyright © 2014 キャッシングの利用方法 All Rights Reserved.